気まぐれブログ

太陽光 発電 オール 電化 福岡 発電マングループ加盟店
クリスマス
クリスマスがもうすぐそこに来ています嬉しい

わが社がある小倉地区も、イルミネーションが

各所で綺麗に輝いていますうまうま

3・11から半年以上が過ぎ

あの節電モードはどこいった?

といわんばかりにあちらこちらで、輝きまくってますキラキラ

でも、申し訳ありませんが

私はこちらのほうが好きです

暗い街中、暗い世の中よりも

パッと明るいほうが、自分も明るくなれる気がします!


皆様も明るい、よい年末年始をお過ごしください
| エコロジー | 2011.12.13 Tuesday 16:09 | comments(0) | trackbacks(0)
新ブログ
今日からブログのフォーマットが新しくなってますね!

なんでも、新しいのは気持ちがいいですね

これで、また気分一新!ブログも更新していきたいと思います楽しい

これからも、皆様、チェックしてくださいね!楽しい
| エコロジー | 2011.08.27 Saturday 09:45 | comments(0) | trackbacks(0)
CO2削減として
今朝のYahoo!のニュースにも載ってましたね!
「ブラジルが温室効果ガスの削減目標を義務化」することを発表したそうです。

やはり、もう各国が協力して、
私たちが住む地球を守って行かなくてはいけない方向に
どんどん進んでいっているのがわかります。

しかし、昨日のニュースでは、悲しい情報を聞いてしまいました。

「日本のCO2排出量の来年度予想は2.6%増」


・・・。

なんとも言いがたいですね。

これには、景気が緩やかに回復するので増加すると見ているようです。


今私たちができること、私たちにしか出来ないこと。
小さなことの積み重ねで、先が見えなかったとしても、
やはり何か対策をしなければなと思います。


エコライフ工房
いけがみさちこ
| エコロジー | 2009.12.30 Wednesday 10:38 | comments(0) | trackbacks(0)
ロハス的永久動力
   ロハスコミュニティークラブ 発明部会 

ロハス的永久動力の発想がひらめきました!

また、貧乏発明萌え萌え依存症の症状がでてきました。

『原理』
車で坂を下る時にエンジンブレーキを使って降りますよね
その時のエンジンブレーキのエネルギーを電気変えるアイデアがひらめいたのです。
永遠に終わらない下り坂の状態を機械的に作り出します。
ポイントとなるは技術要素は以下のとおりです。
重力・回転・加速度・遠心力・慣性・振り子の原理を応用して、自然界に有るエネルギーのみで“タダ”の動力を作り出します。

但し、物理学の常識から《エネルギー保存の法則》を
無視した、永久動力など有り得ないと学者は言いますが、
私は必ずしもそうとは言い切れないと思うのであります。

太陽光発電・風力発電・潮力発電・地熱発電・諸々・・・
と様々な持続可能な自然エネルギーの技術開発が見直されている昨今では、このアイデアは有望な新技術開発の可能性を秘めているかも知れません。

重力を応用したこのアイデアは、すごくシンプルな理論で成り立っています。
宇宙に重力が存在する限り、実現可能だと思っています。
(注意 思うのは万人に許されたカラスの勝手しょう!)

だが、これは決してただの夢物語有りません。

私もかつては、・・・・・
どこかの“エネゴリくん"に負けず劣らずのナルシスト!
小倉のアインシュタインと言われた男です。

この機構の仕組みは、
私の頭の中では、シンプルでリズミカルに螺旋状の軌跡を残しながら、永遠に回転し続けるイメージが鮮明に描かれいてます。
それは、まるで天才作曲家モーツヮルトが頭の中で優雅な旋律を描いていたようにです。
(彼の頭を割って覗いて確認した訳ではありませんが!)

そこで、緊急企画で〜す。

YUME-ENEプロジェクト

共同参画者を募集しま〜す。
ご興味のある方は、ロハスコミュニティークラブ 
プロデューサー 元《小倉のアインシュタイン》
までご連絡下さい。

      《 私の格言 》
『失敗は成功しないかも知れないもとです!』
まっ、そんなもんです〜う。

     《 興味深い調査データ 》
これを見よ!
http://x51.org/x/04/04/1302.php



| エコロジー | 2009.05.29 Friday 16:04 | comments(2) | trackbacks(0)
結婚式
病院
| エコロジー | 2009.05.29 Friday 09:35 | comments(0) | trackbacks(0)
こんなとこに発電機??
とっても興味深いニュースを発見したので、ちょっとご紹介します拍手


フジサンケイ ビジネスアイより抜粋

発電床

JR東日本と西日本が、
クリーンエネルギーによる自家発電に力を入れている。

JR東日本は10日から来年2月まで、
人の歩く力を利用した「発電床」の実証実験を、
東京駅(東京都千代田区)八重洲北口改札で行う。
発電能力や耐久性などを検証し、10年以内の実用化を目指す。

一方、JR西日本は風力発電機を湖西線近江舞子駅(滋賀県大津市)に導入し、試行的に発電を行っている。
効果が高いことが分かれば、
強風が吹くことが多い同路線の全21駅への導入を検討する方針だ。


 JR東日本の発電床は、人の歩行によって床に加わる力(振動エネルギー)を圧電素子で電圧に変換し、発電する仕組み。
混雑する駅の特徴を最大限に生かせる発電システムとして2004年から開発を開始。
実証実験は今回で3回目になる。

 実験は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などと共同で実施。改札1人通過当たりの発電量を前回の10倍の1秒間に10ワット発電できるようにするなど、発電性能を従来よりも高めたほか、歩行面の材料をゴム製からタイル製に変更して歩きやすくした。発電床を設置するのは約25平方メートルで、1日の発電量はLED(発光ダイオード)照明(40ワット)を約17時間点灯できる量に相当し、今回の実験では発電した電力を電光掲示板の発電量の表示に利用する。

 実用化への課題は発電量と耐久性、コストだ。発電量は今回の2〜3倍の毎秒20〜30ワットに高める必要があり、5〜10年継続して利用できる耐久性も求められる。昨年度の実験では、2〜3週間後に発電能力が3分の2まで落ちた。JR東日本研究開発センターフロンティアサービス研究所の浦野純一副所長は「今回は(落ち込みを)10%程度までに抑えたい」という。

 JR西日本は、約500万円を投じて風力発電機1基を近江舞子駅のホーム北端に設置。最大で約1キロワットの発電が可能で、駅のホーム照明や駅事務所内の電力の補完として利用する。


 鉄道駅では太陽光発電の導入例が増えている。消費電力の一部をクリーンな自家発で賄うことで少しでも二酸化炭素(CO2)排出削減につなげる狙いだ。コストや効率などの難題が立ちはだかるが、技術的には着実な進歩をみせているようだ。




着眼点がとてもおもしろいですよねニコニコ
今までのスタイルを変えずに発電してしていくという考え。
少しずつですが、環境に良い方向へいっていることを
教えてくれたニュースでした。
実現までは、まだまだ時間がかかりそうですが、
どの駅でも見られるようになることを願っています。



・・・ちなみにですが、この「発電床」。
床に加わる力が大きいほど発電できるそうなので、
メタボな人程、地球環境に優しいんだそうですパー汗
| エコロジー | 2008.12.16 Tuesday 11:01 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE